男性女性

相場を知ることが大切|婚約指輪を愛する人に捧げるために

ダイヤモンド以外のリング

男女

ダイヤモンドでない婚約指輪を選ぶカップルが、増加しています。割安で高品質、他人とは違う個性を出せる、などが理由として挙げられるでしょう。このような石を選ぶ際は、価値、輝き、硬度などを意識し、クオリティにこだわることが大切です。また、誕生石を選んでメッセージを込めることもできます。

世界一のダイヤを買う

指輪

ラザールダイヤモンドはサービスがしっかりしているのです。メンテナンスからレーザー加工まで行っています。研磨技術も優れていて原石の基準も厳しく行っているのです。100年以上の歴史があるブランドなので安心感もあります。

お姫様気分にさせてくれる

新郎新婦

ウェディングドレスは元々ヨーロッパから日本に渡ってきた衣装です。平成の日本では純白のウェディングドレスが結婚式の礼装として良く選択されます。ウェディングドレスを選ぶ際は花嫁の体型との相性を考えるようにしましょう。

一生に一度の思い出に

ハート

選ぶ際の注意点とは

婚約指輪は一生の思い出に残るものですので、選び方を間違えないようにしたいものです。できるなら二人で見に行って、気に入ったものを購入すると良いようです。婚約指輪を選ぶ際には好きなブランドやデザイン、相場等を考慮しなければならず、安いものではありませんので慎重になります。相場は一般的な平均から見ると35万円前後になっており、収入や年齢によっても差が出ます。相場ばかりに気を取られていると本当に気に入った婚約指輪を購入できなくなる可能性もありますし、ある程度の年齢になればあまりにも安い婚約指輪はしにくくなります。ですから、後悔しないようにそれぞれの置かれた状況に応じて選ぶものを変えていく必要があります。

約束を形に表すリング

婚約指輪は結婚の約束を形に表すものであり、ダイヤモンドがよく選ばれます。昔は給料の3カ月分が相場と言われる時代もありましたが、最近ではあまりお金をかけないカップルも増えてきましたので、選ばれる価格帯はそれぞれ異なります。結婚指輪のように夫婦二人でペアで付けて普段使いができるようなものではなく、少し凝ったデザインのものが好まれるケースも多いようです。名前を刻印したりサイズを変更することも少なくありませんので、渡そうとする日の1〜2カ月前にオーダーしておくと安心です。はめる指ですが、実はこれには正解がありません。結婚するまで結婚指輪と同じように左手の薬指にはめても良いですし、右手の薬指につける人もいます。