ダイヤモンド以外のリング|相場を知ることが大切|婚約指輪を愛する人に捧げるために
男性女性

相場を知ることが大切|婚約指輪を愛する人に捧げるために

ダイヤモンド以外のリング

男女

割安で独自性が出せる

婚約指輪に、ダイヤモンド以外の石を選ぶ人が増えてきました。その理由としては、価格がダイヤモンドと比較して割安で、かつ品質が高いものが多いからです。結婚の際は何かと出費がかさみがちですから、値段を抑えられることは大きなメリットです。サファイヤやルビーなど、美しくて婚約指輪として遜色がないものが人気の中心となっています。また、オリジナリティを求める人が増えているのも、理由と言えるでしょう。みんなと同じ石やデザインでは満足できない、という人が自分らしさを追求してダイヤモンド以外の石を選んでいるのです。さらに、結婚指輪をダイヤモンドにするので、婚約指輪は違うものがよい、というケースも少なくありません。

選ぶ際のポイント

ダイヤモンド以外の婚約指輪を選ぶにあたっては、価値や輝き、硬度といった点に注目していく必要があるでしょう。これらが高いほど、クオリティが高く、婚約指輪としてよりふさわしいものと言うことができます。一生の記念品のため、こうしたクオリティにかかわる条件に関しては、とことんこだわって検討し、後悔のないものを選びたいものです。また、そこに込められるメッセージ性を重視し、誕生石を選ぶケースも多いです。それぞれの誕生月に対応する言葉が決められており、これから一緒に歩んでいく中で、大切にしたいものになっていることが特徴になっています。相手の誕生月のものを選ぶ他、好きな言葉の月のものを選んで贈るケースもよく見られます。